専業主婦でも利用が可能なカードローンについて

借り入れの際には総量規制というルールが適用されます。ニュースなどでも話題となっていますがこの総量規制というのは借り入れを年収の3分の1までに制限するルールのことです。これは返済能力を超えた借り入れによって多重債務に陥ることを防止するためのルールなのです。ですがこのルールが適用されてると困ってしまう立場の人もいます。自らの収入がない専業主婦の場合などには借り入れが認められなくなってしまうからです。

 

専業主婦でも借り入れができる場合もあります。安定した収入が配偶者にある場合には専業主婦でも借り入れが可能です。ただし借り入れを申し込むためには配偶者が借り入れに同意していることと配偶者の収入を書類などで証明出来ることが必要です。専業主婦の場合には配偶者には内緒でこっそりと借り入れを行いたいという方も多いのではないでしょうか。

 

そのような場合には銀行系のカードローンの利用をおすすめします。総量規制について説明したのですが、この総量規制というのは貸金業法に基くルールなのです。ですから消費者金融系のカードローンを利用する場合には当然この総量規制の対象となります。ただし銀行系のカードローンについては銀行は貸金業法の対象となっていないために総量規制も適用されないのです。銀行系のカードローンの場合には自らの収入がない専業主婦でも利用できる場合が多くなっています。ただし利用については限度が限られることになります。銀行によって異なりますが借り入れが可能な限度額の上限は30万円程度です。あまり大きな金額の利用はできないのですが上手に活用すれば家計のやりくりに役立つでしょう。