消費者金融や金融機関などで融資を受けるためには審査が必要です

消費者金融や金融機関などで融資を申し込むと審査が行われます。この審査というのは貸したお金についてきちんと返してくれるのかどうかを確認するために行われるものです。審査についてはいくつかの項目についてチェックが行われます。

 

まずは収入についての確認が行われます。貸したお金を返すためには働いて収入を得ることが必要ですから、例えば無職の場合などには収入が無いために融資は難しくなります。公務員だったり企業のサラリーマンだったりすると安定した収入が期待できますので審査の際には評価が高くなりますが、最近ではパートやアルバイトなどの雇用形態の人や配偶者に一定の収入がある専業主婦の人などに対しても貸付を認める業者が増えています。審査の際には住居の形態や居住している年数などについても考慮されます。賃貸よりも持ち家の方が経済力が高いと評価されますし、同じ場所で長く暮らしている人のほうが信用度が高く評価されます。

 

審査の際には過去の借り入れに関して滞納などの金融事故を起こしていないかどうかを確認されます。過去の借り入れに関する履歴が個人信用情報機関に一定の期間記録されることになりますので、業者はこれに照会を行って過去に借り入れに関するトラブルなどを起こしていないかどうかの確認をします。この個人信用情報機関に滞納や債務整理などの記録があると借り入れはまず認められないと考えてよいでしょう。さらにこの個人信用情報には過去の一定の期間内にどのぐらい借り入れの申し込みを行ったかについても記録されていますので、借り入れの申し込みが一定期間内に多数記録されている場合などにも借り入れが認められない場合がありますので注意してください。