金利の低い業者から融資を受けた方が返済の負担は少なくて済みます

業者から融資を受けた場合には当然返済をすることが必要になります。返済では借りたお金の元本の返済はもちろんですが、さらに利息についても支払う必要があります。借りたお金に一定の割合をかけた金額が利息であり、この一定の割合を「金利」と呼びます。各貸金業者ごとに金利は異なっています。金利が高く設定されている業者もあれば低く設定されている業者もありますので、お金を借りる場合には業者を比較してできるだけ金利が低く設定されている業者から借りたほうが少ない負担で済みます。

 

実際に融資を申し込むことができる業者はたくさんあるのですが、一般的には銀行系の業者は金利が低めに設定されていて消費者金融系の業者は金利が高めに設定されている場合が多いです。金利の高低と審査の厳しさは関係していて金利の低い業者ほど審査が厳しくなっています。また金利の低い業者の方がより慎重に審査を行うため審査に時間がかかる場合が多くなります。逆に消費者金融など金利の高い業者では審査についてハードルが低い場合が多いです。銀行系で審査に通らなかった人が消費者金融系に申し込んだら審査に通ったということもあります。また消費者金融系では審査や融資がスピーディーに行われるのがセールスポイントになっています。審査結果について申し込んだその日のうちに知らせてくれたり即日の融資が可能だったりという業者が多いです。

 

チラシやホームページなどには業者の金利が掲載されていますが、これについては年利を表示している場合がほどんどです。借り入れを行って一年後に返済を行った場合の利息が表示されることになります。実際には利息を日割りで計算することになりますから「元金×金利÷365日×借り入れ日数=実際の利息」という計算になります。ですからできるだけ早めに借り入れを返済すれば利息の負担が少なくなるということなのです。