金利が低いのが銀行系カードローンのメリットです

運営している会社によってカードローンを分類することができます。そんなカードローンの中のひとつが銀行系のカードローンです。お金を消費者金融で借りることについては抵抗を感じる人が多いのではないでしょうか。消費者金融というと執拗な取立てなどのイメージがあって怖いと感じる人も多いでしょう。実際には大手の消費者金融などでは非常に丁寧な接客を心がけていますので利用についてそれほど心配する必要はないのですが、安心を優先するのであればやはり銀行系のカードローンがおすすめになります。

 

金利が低めに設定されているというのが銀行系カードローンの特徴です。消費者金融系などのカードローンと比較すると金利が低く設定されている場合がほとんどです。銀行により金利の設定は異なりますが3〜4%程度から18%程度に設定している場合が多く、中には全ての場合に金利1桁台としている銀行などもあります。一定のまとまった金額の借り入れを希望して返済の期間も長くなりそうな場合には金利の負担がかなり大きくなりますから、金利が低く設定されている銀行系のカードローンを利用したほうが返済の負担を軽減するのに役立つでしょう。

 

銀行系のカードローンの場合には消費者金融系のカードローンと比べて審査に時間がかかるため急な出費に備えるためには向かないというイメージを持つ人が多いかもしれません。ですが最近では即日のカード発行が可能な銀行系カードローンも増えていますし一定の時間までに申し込みをすれば即日の対応ができるという銀行系カードローンも登場しています。ただし銀行系カードローン全体に共通する特徴として消費者金融系のカードローンに比べて審査が若干厳しくなっていますので注意してください。