カードローンの返済方法の種類と特徴

カードローンの返済では、毎月一定の日に一定の金額を支払うリボルビング払いが一般的になっています。毎月決められた日に返済する方法を約定日制と言いますが、カードローンだけではなくクレジットでも採り入れられています。

 

ただ、約定日制になっていたとしても、利用者の任意の日に追加の返済をすることは自由になっています。これを随意返済と言います。なお、随意返済で多額の返済をしたとしても、当月の約定日における返済が免除されるわけではありません。

 

随意返済の有無に関わらず、約定日の返済は必ずしなければなりません。ちなみに、約定日については金融業者が予め設定している場合と、利用者が任意の日を約定日に指定する2通りがあります。

 

35日サイクル制

  

一方、約定日制の他に35日サイクル制というものがあります。35日サイクル制というのは、返済した日の翌日から35日目を次回の返済期日にするものです。そして、35日以内ならいつでも返済できることになっています。

 

サラリーマンのように毎月収入日が決まっている人は約定日制を利用する人が多くなっていますが、不定期での収入のある人は35日サイクル制の方が便利です。

 

なお、現在のカードローンでは約定日制と35日サイクル制のどちらか都合の良い方を選択できるものが増えています。

 

リボルビング払い

 

リボルビング払いでは毎月一定の金額を返済していけばよいので、返済計画を立てやすいのがメリットになっています。そして、毎月の返済金額の中から利息を引いた残額が元金に充当されます。

 

従って、返済回数が増えるごとに元金の減り方が多くなるのが特徴です。ただし、先に利息分が引かれていくため借入を繰り返していると、いつまでたっても元金が減らないというのがリボルビング払いの最大の欠点と言えます。

 

ところで、カードローンの返済が最終回になると、返済金額の中に千円未満の端数が出ます。返済が口座引き落としであれば問題ありませんが、コンビニATMを利用する場合は硬貨の入金ができません。

 

その場合は紙幣で多く返済し、端数分は業者から返金してもらうことになります。