カードローン返済で滞納をしてしまうと大変…

カードローンの返済日である約定日に残高不足で引き落としができなかったり、ATMからの入金が間に合わなかったりすると、滞納状態となります。こうなると、様々な場所から色々な方法で返済・入金の催促が来ます。

 

銀行のカードローンでは保証会社、銀行系消費者金融では金融会社から催促が来ますが、この場合支払いの未確認通知と入金のお願いのハガキで催促されます。金融会社の場合は、携帯電話に連絡が来る場合もあります。

 

カードローン返済を遅延すると記録を付けられる

 

大手の会社からの借入ならば、厳しい電話での催促等はないですが、そうでない場合はその限りではありません。もし、カードローン返済の延滞をしてしまうと、借入先の金融機関や賃金業者の個人信用情報の中に延滞の旨の記録を付けられてしまいます。

 

ブラックリストという言葉を聞いた事があるとは思いますが、正しくは事故情報といい、金融取引に関するトラブルをここで登録するわけです。こういった滞納による事故情報の登録は、最終取引日から5〜10年経つと時効が切れます。

 

また、ブラックリストは返済を3ヶ月対応しなければ登録される事はありません。なので、1〜3回程度の延滞であれば、諸事情を鑑みてくれる会社もありますし、数日程度の延滞なら、一先ずは安心しても良いでしょう。

 

カードローン返済の延滞をしたら遅延損害金が発生

 

ただそうは言っても、カードローン返済の延滞をすれば迷惑料を払わなくてはなりません。その迷惑料の事を遅延損害金といいますが、遅れた日数で金額が変わってきます。この遅延損害金の利率の設定は、概ね銀行も消費者金融も一律20%程度となっています。

 

ただ、三菱東京UFJ銀行カードローンとオリックス銀行カードローンならば、借入利率に応じて遅延損害金の利率を設定してくれています。特に三菱東京UFJ銀行カードローンならば、借り入れが最高金利が適用される金額だったとしても遅延損害利率は最大14.6%です。これなら他の会社よりも遅延損害金もとても安いので安心です。

 

万が一の事を考えると、三菱東京UFJ銀行カードローンを選ぶと良さそうです。このようにカードローン返済は、微々たる延滞であったならば、迷惑料を払う事で何とかなる部分はあります。

 

とはいえど、延滞は絶対は絶対にいけませんし、何度も延滞をすればカードローン会社からの信用をなくしてしまいます。そうなると、最悪の場合借入ができなくなりますし、カードも返済にしか使えなくなってしまう事でしょう。十分に気をつけなくてはならないのです。