カードローンの返済が難しくなったときにすること

申請時と生活環境に変化があり、カードローンの返済が難しくなってしまった…という人は少なからずいるものです。

 

しかし、借りているお金は返さなければいけません。そのような場合、どのような行動をとるべきなのか。以下では、2つのパターンを紹介したいと思います。

 

今月だけ返済が難しいパターン

 

ひとつめは、「その月だけ返済が難しくなってしまった」パターンです。まず、その月分の返済は困難である旨を担当者に連絡することから始めます。

 

事情を説明し、翌月からの返済には問題がないことなど、正直に話します。担当者は話を聞いた上で、返済期日の変更や事情を考慮した返済方法を提案してくれます。

 

延滞金が発生しますが、担当者の言うとおりにしていれば、その後もカードローンの利用を続けられると思います。大切なことは、銀行や金融会社の人に決して嘘の情報を伝えないことです。

 

連絡をしなかったり、銀行や金融会社からの連絡を無視したりすることも絶対にやってはいけないことです。それらの行為は信用を失うことになり、結果、カードローンを利用するときのに何らかの支障をきたします。

 

また銀行や金融会社としては連絡を無視されてしまうと、勤務先や実家、保証人など方々へ連絡するしかありません。周囲の人に心配や迷惑をかける事態になるので、やはり連絡を無視することはしてはいけないのです。

 

今後の返済が難しいパターン

 

ふたつめは、「これからずっと返済が難しくなってしまった」パターンです。もしいくつかのローンを利用しているならば、次の2つの方法が有効です。ひとつは、おまとめローンを利用する方法。

 

もうひとつは、借換えを利用して代わりに一括返済をしてくれるローンを組むという方法です。これらの方法は、金利の負担を減らし、総じて返済総額も減らすことができます。また、返済のためだけのローンになりますので、そのローンから新たにお金を借りることができません。

 

自分を追い込むようですが、安易にお金を借りなくなるという点で賢い手段と言えるかもしれません。返済のみのローンなので、金利が低く設定されていることも魅力的です。

 

〈この返済、ちょっと難しいな…〉と思ったら、早いうちに正直に相談することが大切です。そうすることで大きなトラブルを回避できますし、無理なく身の丈に合った返済を新たに始めることができるようになります。