カードローンは返済期間を短縮できればその分利息がお得になる!

カードローンでの返済期間がどの程度の期間になるのかについては、返済方法や借入金額によって異なります。

 

ただ、返済期間が短めであればその分利息の支払いは少なく済ませることができます。返済期間が長引けば支払うべき利息も嵩むというわけですから、利息を少なくするためには借りたらできるだけ速やかに返済する、これが基本なのです。

 

無利息サービス期間の内に返済するのがお得

 

また、借入後から1週間、あるいは1ヶ月というように、一定期間は無利息になるというサービスを実施しているカードローン会社もありますし、利息削減を意識するのであればこの無利息期間に返済を行うというのが一番お得です。さらにリボ払いにせず、一括で返済するというのも利息を抑えるためには大変有効です。

 

このリボ払いというのは正しくはリボルビング払いといい、月々決まった金額ずつ返済を行うというものです。リボ払いの場合、借入金額が少額ならば返済期間短めで利息もあまり多く支払わなくて良いのですが、ある程度まとまった借入を行っているにもかかわらず、毎月の返済金額は少なめで返済していくと、なかなか元本を減らすことができず、返済期間についても長引いてしまいます。

 

もちろん、かかる利息も大きくなってしまいます。ただし、借入残高に応じて返済額が決定される残高スライド方式というリボ払いの方法なら、通常のリボ払いで返済をするよりも利息が安く、返済期間を短縮することも可能になってきます。

 

約定日の返済は必ず守る

 

とにかくカードローンの返済で忘れてはならないことは、利息は返済期間の長さによって決まるものであり、返済期間を短縮することに常に意識を置かなくてはいけないということです。

 

その中で特にあってはならないことは、約定日の返済を守れないということです。もし延滞するのが初めてで、しかも数日程度の返済遅延であるならば、特に信用には悪影響が出ず、仮に使用停止となったとしても返済が確認されれば、また利用できるようになることが多いようです。

 

ですが、そんなことを二度三度と繰り返してしまうと、もう一切利用できなくなることも大いに考えられますし、ほかのローンなどの利用にも確実に支障が出てきます。しっかりと約定日を守って返済することの大切さを忘れないようにして下さい。