消費者金融によっては自宅に在籍確認の電話がかかってきます

消費者金融を利用する際の在籍確認は、一般的には勤めている会社や派遣会社やアルバイト先などにかかってきますが、特に慎重な審査を行っている消費者金融の場合には自宅に在籍確認の電話がかかってくることも考えられます。

 

無人契約機でキャッシングの申し込みをしていたり、店舗に実際に足を運んでいるときは、本人がそこにいて自宅にはいないのでさすがに自宅へはかけませんが、無人契約機や店舗を出たあとに自宅に在籍確認の電話をかけることはありえますので、携帯電話しか無い場合には問題ないですが自宅が固定電話のときには、無人契約機や店舗に行く前に固定電話を留守電にしておくといいでしょう。

 

留守電となったことで、在籍確認が完了したことになる消費者金融が多いからです。

 

固定電話を持っていない場合

 

最近では固定電話を持っている人が減ってきていて、賃貸アパートの人などのほとんどの人は携帯電話しか持っていないと思いますので、その場合は携帯電話にかかってくるので問題ありません。

 

かかってきたら電話に出られるようにしていればいいのです。実際に固定電話に在籍確認の電話がかかってくるケースは今ではごく稀なことですので、そういうケースもあるとだけ覚えていて下さい。

 

自宅以外の場所でキャッシング申込みした場合

 

携帯電話やインターネットから、出先で自宅以外の場所でキャッシングの申し込みを行った際には、在籍確認の電話を帰宅する時間を指定してかけてもらうこともできます。

 

キャッシングを利用することを周りに知られたくない方は、自宅に自分以外の人もいる場合に固定電話に在籍確認の電話がかかってくると同居人や家族に知られてしまう可能性もあるので、指定しておけば自分で電話に出られるからです。

 

知られても構わない方でしたら、自宅にかかってくる時間を同居人や家族などに事前に伝えていればスムーズに借入ができます。