休職中の在籍確認の連絡について

病気・ケガなど予測できぬ理由で今までのように働くことが難しくなることも少なくありません。

 

そのような状態になると、収入を得られなくなり、そして日常生活も苦しくなってくると考えられます。そのような場合に、消費者金融を利用したいと考える方も多いと思います。

 

しかし、休職中に消費者金融などから借り入れを行うこと自体、現実問題としてかなり厳しいと言えます。もし、配偶者にそれなりの収入があったり、副収入を得られている場合は融資を実行してもらえる可能性も少なくはありません。

 

しかし、貸付けを行う消費者金融側からすると返済能力の有無が大きく関わってくることになるため、融資に関してはとても慎重になってしまいます。

 

休職中の在籍確認の連絡

 

そして、気になるのは休職中の在籍確認の連絡です。休職中であれば、当然勤務して在籍している会社の電話番号を登録することになります。

 

しかし、実際に勤務先の会社へ在籍確認の電話を入れても「○○さんは現在休職中です」と回答され、場合によっては「在籍していません」と対応されてしまうケースも少なくないようです。

 

とはいえ、休職中に「在籍確認の電話がかかるのでお願いします」などと申し出るのも難しいかと思います。そうなると、審査をパスすることがとても難しくなってきます。

 

消費者金融の利用はできる限り、復職してからが望ましい

 

そのため、出来ることならば消費者金融への利用は、復職してからが望ましいと言えます。しかし、もしその状況が難しく、今すぐにでもお金が必要な場合であれば、まずは消費者金融側へ在籍確認の電話ついて聞いてみることをおすすめします。

 

不明な点やよく分からないことは、事前に必ず電話で確認するのがよいでしょう。在籍確認はどのような形で行うのかなどを前もって確認しておくと、その電話に対応しやすく、審査自体、通りやすくなると考えられます。

 

ほとんどの消費者金融では事前に相談や確認などを受け付けています。まずは気軽に電話で相談するところから始めてみましょう。