要望通りにはいかない在籍確認の時間

消費者金融のカードローンに申込むと必ず審査の一環として、勤務先への在籍確認が行われます。

 

なお、在籍確認の時間帯を要望することはできますが、その通りの時間に行われるとは限りません。  

 

在籍確認というのは、申込書に記載されている勤務先に間違い無く就業しているのかを確認するためのものです。要するに、カードローンの借入金の返済の基になる収入の有無を調査するために行います。

 

在籍確認の時間指定ができない理由

 

そこで、在籍確認の時間を指定すると、就業してもいないのに就業しているように見せかけるためのごまかしをするのではないかとの疑いを持ちます。従って、消費者金融が指定された時間に在籍確認を行うことはまずありません。

 

確かに、消費者金融から電話があると「借金をしている」ことが知られて気恥ずかしいですし、上層部から悪い印象を持たれることに対する不安もあります。

 

しかし、在籍確認の電話というのは個人名で掛かってくるため、消費者金融からの電話と分かることはありません。例えば、「○○(消費者金融の担当者名)と申しますが、××さん(利用者名)はいらっしゃいますか?」と掛けており、消費者金融の名前を出すことありません。 

 

即日融資は申込みと同時に行われる

 

それと、現在では即日融資が一般的になっているため、申込と同時に行われることから、利用者がほとんど勤め先にいない時に電話が掛けられます。

 

従って、在籍確認の電話を入れた時に電話に出た人から「××は今出かけています」という返事をもらえれば、在籍確認が取れたことになっています。

 

現在では個人情報の管理やプライバシーへの配慮が厳しく規制されている折から、消費者金融が自社の名前を出すことは滅多にありません。消費者金融からの郵送物でも送り主が伏せてあったり、全く関係ない会社の名前が使われたりしています。