派遣で働いている場合、在籍確認の電話は派遣元と勤務先のどちらにするのか?

会社にお勤めの方がクレジットカードやカードローンの申し込みをすると、実際にその会社に在籍しているかどうかという確認が行われます。

 

派遣社員の場合、在籍確認は、登録している派遣会社か、実際に働いている派遣先の会社のどちらかに電話をかけるという方法で実施することになると思われます。

 

近年は個人情報の保護を徹底している派遣会社が多いので、在籍しているかどうかの問い合わせがあっても回答をしないという方針を取っている場合もあります。もっとも、必ず回答をしないというわけではなく、問い合わせに応じる派遣会社もあります。

 

在籍確認の電話がかかってくると予想される場合には、あらかじめ、登録先の派遣会社にその旨を伝え、対応を相談しておいた方がよいでしょう。また、在籍確認の際、クレジット会社やローン会社であると告げずに個人名で電話をかけてくる場合があります。

 

しかし、個人名よりも、クレジット会社等であるとはっきり言った方が在籍確認をしてもらいやすいこともありますので、この点も事前に調整しておく必要があります。

 

派遣先に在籍確認がされる場合

 

また、派遣会社ではなく、実際に勤務している会社に在籍確認をする場合、電話を受けた人が、派遣社員について詳細に把握しているとは限りません。大きな会社になればなるほど社員数も多くなり、派遣やアルバイトで働いている人の氏名まで知らないというケースが出てきます。

 

そうなると、間違いなくその会社に勤めているのに在籍していないかのように扱われてしまい、審査に通りにくくなってしまうこともあります。

 

こんな困った事態を避けるため、在籍確認の電話があると予想される場合には、勤務先の担当者の方に事情を説明し、在籍確認の電話に適切に応対してもらえるよう依頼しておきましょう。