バイト先の在籍確認については事前に周囲に事情を説明しておくことがのぞましい

消費者金融などで融資の申し込みをする際、在籍確認が行われます。

 

これは法律によって定められた手順で、この在籍確認が取れないと審査が長引いたり落ちてしまったりすることになりますので、出来るだけ早く、かつ、確実に融資してもらうためにも在籍確認のことは念頭においてどうするべきか考えておく必要があります。

 

在籍確認では申込者のプライバシーも考慮して、消費者金融側は個人名で電話をかけて確認を取ります。正社員であれば電話応対に問題はないでしょうが、では、主婦やバイトの場合はどうなるのでしょうか。

 

バイト先に在籍確認の電話がくる場合

 

バイト先に在籍確認の電話がかかってくることになるのです。誰でも周囲に借金をしていることなど知られたくないし、在籍確認の電話がかかってくるなら自分がその電話を取りたいと思うでしょう。

 

しかし仕事内容によっては自分で電話を取るのが難しかったりします。ファミレスを例に挙げると、電話応対をするのが多いのは店長でしょう。

 

ですから、まえもって在籍確認の電話がかかってくるという事実を伝えておく方がのぞましいでしょう。

 

できる限り、事情を説明しておくのがベスト

 

消費者金融側では、電話に出た相手に消費者金融であることをさとられないようにあくまでも個人名で電話をかけるようにしています。

 

しかし、先ほど例として挙げたファミレスなどの場合、個人がバイトの人を名指しで電話をしてくることなど通常はないわけですから、電話に出た店長が不審に思ったり、「もしかして消費者金融?」と勘繰られたりしてしまう可能性だって大いにあります。

 

不審に思った店長が根掘り葉掘り質問をしてややこしい事態になってしまうことだってあり得ます。こうなると在籍確認をパスするのはなかなか難しい問題になってしまいますから、事前に事情を説明して在籍確認の電話がかかってくる旨を伝えておく方がのぞましいと言えます。